ウェブマーケティングいろはの「い」

ネットで集客するための大切なポイント

商売の常識となったネット集客

ネット集客でもっとも大事なのはHPを見てもらうこと。 そして見てもらうにはHPを知ってもらうことが大切です。 では知ってもらうには? 検索上位に表示されて見つけやすくする必要がありますね。 あなたの顧客になりうる人がどんな情報を知りたがっているかを知り、有益なHPを作りましょう。

見られるサイトは優遇される!

何か物を調べる時、サービスやお店を探す時、必ず使われるのがインターネットです。
もはやインターネットが常識となってしまった今、ネットでの集客は「やれば良い」物ではなく「やらなくては損をする」ものになってしまいました。
また無数のサイト、無数の情報が転がっているネットにおいては顧客に見つけてもらうための工夫をしなくてはネット集客の真価を発揮することができません。
ウェブマーケティングを行い、ネットに自社のサービスへの導線を置くことはビジネスにおいて必須のことなのです。
労力がかかり大変なものに感じるかもしれませんが、中小企業や個人事業主にとってはビッグチャンス。
ネットが常識になったということは誰でも情報発信者になれる様になったということ。
一昔前の様に高い広告費を払って雑誌に広告を出したり、テレビCMを流したりせずとも自社のサービスを紹介できるのです。
ネット集客ではやりようによってはコストをかけずに顧客を作り出すことができます。
またHPには限られた枠というものがありませんから、従来の宣伝よりもより深く広い情報を載せることもできます。
例えば自社のサービスを色んな面から紹介して新しい顧客を作れます。
また社員の日常を紹介して親近感を抱いてもえば、顧客にリピーターになってもらうこともできます。
可能性は無限大、しかし自由度が高いからこそ逆に何をやればいいのか作成は難しいもの。
ビジネスのためにウェブサイトづくりの基礎を学び、自社のサービスをもっと知ってもらいましょう。

更新頻度が命!ビジネスブログを立ち上げよう

ビジネスブログの目的はあくまで顧客を集めること。 アクセス数をいくら集めても売り上げへの影響が伴わなければ意味がありません。 大事なのは「ターゲット」に「定期的」に読んでもらうこと。 更新頻度が高ければ検索上位にも表示されやすくなります。 SEO対策にも効果的なビジネスブログ、ぜひ取り入れましょう。

見やすさ回りやすさが肝心

ネットは誰でも簡単にそして無料で見ることのできる情報源です。 しかしだからこそ少しでもストレスの感じるHPは見てもらえなくなります。 電話や来店と違い、目的の定まっていないユーザーにとってストレスは大敵。 周りやすいHPを作ってなるべく長い時間滞在してもらいましょう。

TOPへ